ごまウシの頭の体操

認知症、緩和ケアなどが私の仕事の専らですが、これらに限らず、私が得た知見を広く情報発信したいと思います。

新年の抱負

 新年明けましておめでとうございます。昨年は、相変わらずの、乱文とマイペースさ故に、読者への配慮のない記事をつれづれと披露してしまい、ご迷惑をおかけしました。

 ごまウシは、本年については、…やはり変わらずの姿ではありますが、よろしくお願い致します。

 

 などと新年のご挨拶をしているのですが、記事自体は、年末に書いているものです。

 

 ごまウシはいつも外来診療で年末にさしかかると、診療の場で、患者さんに「来年の抱負」あるいは「新年の抱負」を考えてもらうように、宿題を出すようにしています。

 別にきちんとお話頂くことが目的ではないのですが、聞くようにしています。

 

 ここには、新年を気持ちよくそして、1年を通して、前向きに過ごしていただくための働きかけを意識しております。

 

 抱負というのは、シンプルに言い換えれば、「目標」というものになります。淡々とした雰囲気で1年を過ごすと、日々の活動にあまり覇気を感じることはないでしょう。

 しかし目標設定をお願いすると、何かしらテーマに向かって突き進む感じが出てきます。決して大きな目標である必要はありません。日常的に意識していることを具体的に語るのでもよかったりします。

 どんな1年にしたいか…これが大切ですよね

 

 ある方のお話では、慢性期の精神科患者ではありましたが、発症する前は、趣味でギターなどを楽しんでいたという事であったため、たまに弾いてみては?などと以前に提案していたことがあったのですが、それを、来年の抱負にすると言われて、昨年1年かけて地道に練習を続けていたようで、年末に、ギターを楽しむことが、この1年の習慣となったと語っていただくことができました。

 このように1年が、みのりのあるようにしておくためには、何かテーマがあるとよいでしょう。

 

 ごまウシの抱負は…

 あるにはあるのですが、プライベートでは、昨年1年間、記事には決して書きませんが、大きなトラブルに見舞われており、その問題解決に今は奔走しているところであったりします。これがどれくらい時間をかけて解決するのも課、先は見えないところではありますが、1年以内に片付けたい。こういう目標設定をしていたりします。

 これも抱負ですね。そして、まともに勉学に集中できなかったので、加えて、改めて専門医のためのお勉強を地道に続けられればと思うところもあります。

 

 それぞれの方に、色々なテーマがあると思います。

 ぜひ、目標設定をしてみてはいかがでしょうか?

 

 とにもかくにも、本年もどうかよろしくお願い致します。

 いつもお読みいただき、ありがとうございます。