ごまウシの頭の体操

認知症、緩和ケアなどが私の仕事の専らですが、これらに限らず、私が得た知見を広く情報発信したいと思います。

コンピュータでカバーしきれないヒューマンエラー

 先日、通勤の乗換駅の自動販売機でペットボトルのブラックコーヒーを購入したところ、なんと、緑茶が出てきてしまいました。お値段の差があり、損した気分になりましたが、仕方がありません。これがまさにヒューマンエラーというものです。

 

 自動販売機については、10年ほど前に、精神科に通院をしている患者の好みの傾向と総合病院を通院する患者の好みの傾向を比較する意味で、病院内に設置されている自動販売機のデータを自動販売機設置業者に協力をお願いしたことがあります。

 この10年ほど前の状況でも、既に、販売されたデータは、エクセル形式のファイルにまとめ上がられてあり、売り上げ状況に応じて、物流システムが流れて、管理会社が、ドリンクを適切に充填している流れができあがっていました。

 

 現在は、もちろん、データをお願いすれば、エクセルファイルで提供して頂けることは変わりないのですが、それぞれの自動販売機が光ファイバーで接続され、リアルタイムで、販売状況が把握されており、そのデータがAI処理され、重点のタイミングなどを加味しながら、予測して、ドリンクを納品しているという事を耳にします。

 

 自動販売機で、売り切れランプを見る自動販売機を目にする一方で、ほとんど目にしない自動販売機もあったりと、この差はおそらくこのようなリアルタイムの物流システム管理によるものと考えられます。

 

 コンピュータの技術により、各自販機は、適切な需要に対して答えられるように供給するドリンクの量を物流会社による定期補充されるようになってきているのです。そのため、ひとの力により自動販売機のドリンクを適宜補充していた時代と比べ、売り切れ率は下がったのではないかと思いますが、一方で過剰供給も減らせるようになったと考えられます。

 

 売り切れというヒューマンエラーは、このようにしてコンピュータの力によりカバーされてきていますが、実際にドリンクを補充するのは、物流会社の方(ひと)ですので、その方が、充填する場所を間違えてしまえば、コーヒーを選んでお茶が出てくるなんて言う事が出てきてしまいます。これに対してのエラーをカバーする方法は、まだないのでしょう…。

 

 ドリンクを充填しているときに、何か端末を操作しながら、本体と通信している姿を目にするのですが、最終的に充填作業は人の手…このヒューマンエラーはどうしてもカバーしきれません。

 

 コンピュータ化の時代、人の役割は、なくなりつつあるものの、どうしても人でなければできないものが、残っており、さらに、その時に発生するヒューマンエラーは、どうしておコンピュータの力だけではカバーしきれないというものでしょう。

 

 医療の世界においても、例えば、医師が処方した情報を電子カルテ経由で分包機に伝えられ、ここの薬剤を袋に自動装填され、各患者に配布される形となります。この流れの中で、情報伝達と梱包までは全てコンピュータで行いますが、実際の所、医師は人であるため、処方ミスが発生する可能性があり、さらに、その情報を実は薬剤師が整合性を確認するためにチェックを入れていますが、ここでも人の目が入るため、エラーを生じる可能性がありますが、医師のエラーをカバーすることで修正できることを期待してのチェックです。そして、最後分包された薬剤は、看護師により直接患者に渡され、内服は、多くは患者自身が適切な時間に内服し、看護師がそれを支援する形となります。

 コンピュータで情報伝達は、ミスを伴うことなく伝えられますが、やはり、ヒューマンエラーはそれでも防げないことは確かなようです。

 

 自動販売機は、おそらくダブルチェックなどのシステムはありませんが、人でしか出来ない部分については、どうしてもミスが許されない場合は、人が人をチェックすることを繰り返すことで精度を上げる、ダブルチェック、トリプルチェックしかないという事になります。

 

 車掌さんが、独り言のように、「乗降よし」「後方よし」などなど、大きな声を張り上げているのも、コンピュータだけでは管理しきれない,人が確認しないと行けない部分を可能な限りミスがないように、鹿もダブルチェックなど複数の人で確認が出来ないため、一人でダブルチェックするために、声を上げて確認して、指さしするという作業までしているという事です。

 

 自動販売機で、違ったものが出てきたとしても、怒ったりせず、コンピュータの限界を感じつつ、ひとの力が自動販売機を支えているんだという人のぬくもりを感じてもらえると幸いです。

 

 

黒子の大切な役割

 黒子は、まちがっても、「ほくろ」と読んではいけません。今回の話題は、あくまで、「くろこ」です。

 

 みなさんは、黒子と言えば、どのようなイメージをおもちでしょうか?

 縁の下の力持ち、裏方のプロフェッショナル、助っ人、お手伝い、裏方…

 

 私は、黒子は、裏方のプロという表現を使いたいと考えています。

 

 黒子は、舞台では、真っ黒な格好をして、演者の体を支えたりして、舞台の華やかさを際立たせることが仕事ですよね。しかし、面白いことに、黒子は、実際は思いっきり見えているのです。裏舞台といいながらも表舞台で動いている姿。

 黒子は決して、舞台挨拶などには立ちません。演者の名前に黒子の名前が並ぶことはありません。しかし、演者は黒子がいなければ、綺麗な演出は出来ない事でしょう。黒子に全て体を委ねていても、決して表には登場しません。

 

 現在私の仕事は、精神科病院と総合病院とがありますが、総合病院については、決して主治医にならず、緩和ケアチームとして活動しているのみです。これが何を意味するかと言えば、決して表舞台に立つことはないという事です。現在の日本の医療において、緩和ケアは、実際の所、チームとして活動していなくても、主治医の持っている基本的な知識のみで原則的なケアは出来ます。緩和ケアとして専門的な知識を提供すれば、患者さんは、身体的および精神的苦痛のかなりを緩和することが出来ますが、緩和ケアの専門的知識を提供しなくても、入院治療や外来治療は可能です。ただ、緩和ケア部門がおおざっぱになっているだけのこと。

 

 緩和ケアチームで活動しながら、私自身、この仕事について自問自答をする事があります。いなくても、病院は、クォリティは若干下がるかもしれないけど、機能は保持される。ただ、がん拠点病院の施設基準としては、緩和ケアチームの活動があることが前提条件であり、そのチームに精神科医が必要。ただ、それだけのため…

 そんなことを考えていると、むなしくなってしまうことがあります。

 しかし、緩和ケアチームは、実は、感謝してもらえることはとても多かったりします。その感謝の言葉は必ず主治医に伝えられ、心地よく治療が受けられたことを主治医に感謝するとともに、チームを介入してもらえたことに対するお礼を述べられます。

 まさに、この感謝の言葉を頂くたびに、「黒子」を思い出すわけです。

 

 緩和ケアチームは、時には、主治医に助言をしても、その助言は無視されたり、採用してもらえなかったりすることも多々あります。また、緩和ケを希望されているにもかかわらず、依頼がなされないこともあります。そのような状況を見ていると、モチベーションは低下し、せっかく依頼されても、打算的な対応をしかねない気持ちになります。

 このときに、裏方は裏方でも、プロフェッショナルな、技術を持っている黒子を考えると、まさに、緩和ケアチームは、がん患者治療の黒子になります。

 忘れてはいけないことです。私たちはプロです。プロであるからこそ、演者をすばらしく飾ることが出来ます。

 

 最近の、ややモチベーションの下がった私自身を自分で励ます独り言になりました…やれやれですね…。

 

 黒子は、とにかく、表舞台を華やかにするために、プロフェッショナルな影として活躍することです。表舞台が好評であれば、それで満足することが、黒子のプロの喜びでしょう。

 この喜びを私も感じることが出来れば幸いですが…やっぱり物足りないのかしら…。

 

 

定期券圏外神々のお宅訪問。Vol.36

 さて本日の神々のお宅訪問最後となる、八幡神社には住吉神社を出て40分程度で向かわなければなりません。それでも、16時の数分前となるため、あせります。

 いそいそと歩いていると、摩擦で、足の裏が熱くなり、さらに、股関節がきしみ始めているような感じになりました。しかし、そうはいっても、美濃市あたりまで来ると周りの自然の景色も素敵になります。

f:id:Alois-Alzheimer:20211002222223j:plain

長良川

先日、岐阜を散策したときの金華山の麓の長良川を掲載しましたが、その長良川中流域に当たるのが、この地域になります。結構な水流があり、白波も見えました。

 なかなか、この川の湾曲は見所ですね。せかせかと歩いていたため、写真に載せていませんが、この近くには、市立美濃病院がありますが、かつて、ここで、認知症予防についての講演活動をしていたことを思い出します。とても綺麗な建物で、落ち着いた雰囲気の病院とその附属施設でした。

 美濃病院に背を向け、必死に歩いて、ついに到着。

f:id:Alois-Alzheimer:20211002222830j:plain

八幡神社鳥居

 鳥居前で16時55分。間に合った!いや、ちがう、社務所前に行くまでが勝負。ただ、御朱印の原則、お参りしてからお願いしに行くという順番はほぼ不可能です。とにかく社務所に飛び込まなければ…。

 あ…カーテンが…終わった。ここまで頑張って歩いてきたけど…はぁ…がっかり…とうなだれていると、脇の通用口から物音が…ガチャガチャとドアを開けて出てこられたジーパンのおじさま…もしやと思い、話しかけてみると、なんと宮司さん。無理を覚悟でお願いしたところ、快く書いて頂きました。ラッキー!地獄から天国に一気に変わった瞬間でした。

 もちろん、このあとは隅々まで、お参りして回りましたが、申し訳ないと思っていたところで宮司さんは、すぐ帰ろうとされていたわけではなく、本殿の鍵しめなどをゆっくりするつもりで、出てこられただけだったことがわかったのでさらにホッとしました。

f:id:Alois-Alzheimer:20211002223742j:plain

夫婦杉

 立派な御神木があり、この夫婦杉だけでなく、巨木がたくさん並んでいました。

f:id:Alois-Alzheimer:20211002224101j:plain

参集殿

 とても立派な参集殿があり、綺麗に掃除してありました。

f:id:Alois-Alzheimer:20211002224156j:plain

本殿

 パイプ椅子には違和感を感じましたが、綺麗に掃除された本殿でした。先ほどの宮司さんが、また片付けごとをされていました。

 この神社の裏側にも林道が広がっており、まだまだ広いんだなと言うイメージがありましたが、今度は、帰りの電車の時間がありましたので…またしてもいそいそと。

 神社巡りが終わったので、途中は急ぐだけだったのですが、道中、あれ!?なんかいい町並み…っていうところに遭遇しました。

f:id:Alois-Alzheimer:20211002224737j:plain

うだつの上がる町並み

 美濃市は美濃和紙で有名なところで、美濃和紙のお土産屋さんからカフェから、装飾品のお店まで様々でした。この街並みが、意外と長くつづいており、どうでしょう500m以上連なっていたように思います。こんな素敵な街並みをぬけてすぐに、長良川鉄道の梅山駅がありました。電車到着5分前というギリギリの到着で、無事に乗車。

f:id:Alois-Alzheimer:20211002225057j:plain

長良川鉄道

 この車内の風景、いかがですか?びっくりです。しかも、この窓の色で外が見えない…。とてもユニークな電車でした。

 長良川鉄道は、美濃太田駅から北濃と言われるところまでの結構長い距離のローカル鉄道ですが、揚げさせて頂いたように、刃物会館にはじまり、うだつの上がる町並みまで、さらには、足湯のある駅や郡上八幡という高原まで、様々な観光地が散在しています。見所たくさんのローカル鉄道ですので、ぜひご利用下さい。

f:id:Alois-Alzheimer:20211002225436j:plain

御朱印

 これが、飛び込みで頂いた御朱印です。

 電車にも乗り無事におうちに…15kmほどの歩行距離を見ながら、「なんか物足りない」と非常識な思いに駆られたため、岐阜駅に到着してから、いつもの朝の巡回の神社を訪問して回り、本日を〆ることとしました。既に街灯がつき始めている日没後の時間からスタートです。加納天神、伊奈波神社、柏森神社、金神社、縣神社、溝旗神社、天王坊稲荷神社…自宅に到着したときには、20時過ぎ…ちょっとやり過ぎました。

 しかし、ちょっと面白体験を一つ…いや…ご迷惑なことをしてしまった体験ですが…。19時半くらいの時間での金神社の裏側の末社のお参りの時のことです。

 二礼して、さて、二拍手…パン(バサバサバサ)、パン(バサバサバサ)…??なに??

 末社は全部で7社、最初の玉姫様でこの不思議な音が頭上から聞こえてきましたが、隣の末社物部様…パン(バサバサバサ)、パン(バサバサバサ)…やはり、拍手の音に何かが反応している。次…神明様…パン(バサバサバサ)、パン(バサバサバサ)…!あ!これは、木々でお休みをしている数多くのとりがびっくりして、上で羽ばたいている音ではないか…。

 そうです。拍手するたびごとに、上でお休みしている鶏たちがびっくりしてバサバサ飛び回るのです。7社、巡りましたので、14拍手、14回も驚かしてしまったわけです。人ならば慣れてしまうのに、全てにバサバサとお騒ぎしていることが、滑稽で滑稽で…はっ…申し訳ありません、静寂であるべき時間にお騒がせしました…。とおかしかったものの夜遅くの神社訪問の反省をしたところでした。ちなみに、金神社は、社務所のお仕事が多いのか、この時間も煌々と電気をつけて、宮司さんが必死にパソコンに向かって何かしていました。

f:id:Alois-Alzheimer:20211002230436p:plain

歩行距離

 やっぱり、このくらい歩かないとね。と言う満足ですが、早歩きをしていたこともあり、左右のブレが目立ち、股関節の痛みと足の裏のひりひり感、いつもとはちょっと違いました。

 

 

定期券圏外神々のお宅訪問。Vol.35

 山持ちの神社達を通り過ぎ、これから先は、関市を越えて美濃市に入るところとなります。156号線から、西に少しそれながら、歩いて行きますと、東海北陸自動車道東海環状自動車道のジャンクションが見えてきました。

 本日の予定は残り3つの神社となりましたが、そのうちの2社がこのジャンクションの周辺にあります。14時半…あと1時間半です。

f:id:Alois-Alzheimer:20211002162312j:plain

ジャンクション

 目の前にジャンクションが見えてきました。車ですとすぐに通り過ぎるものですが、歩くと、なかなかのもので、全体を横断するのにも、縦断するのにも20分くらいそれぞれかかりそうな大きさです。

f:id:Alois-Alzheimer:20211002162432j:plain

南宮神社鳥居

 南宮大社を見てきた私としては、かわいらしいと言うくらいの小さな神社でした。裏側の森の奥には公民館があり、公園があったため、子供達の声が響いていました。

 この小ささの割に、末社として、稲荷神社もきちんとありました。

f:id:Alois-Alzheimer:20211002162620j:plain

本殿

 奥に見えるほこらの周辺、なかなか華美な色で塗られていましたが、全体としてはひっそりした雰囲気でした。

 ブログを書いているときは、急いでいるわけではありませんが、なぜか思い出しながら書いていると忙しくセカセカしますね。はい、次に行かなくては…

 幸い、次の神社はほど近い所にありました。

f:id:Alois-Alzheimer:20211002162908j:plain

住吉神社

なかなかいい感じの森が見つかりました。

f:id:Alois-Alzheimer:20211002162944j:plain

住吉神社鳥居

 今は秋ですので、この木陰は、あまりありがたみを感じることはないのですが、8月の神々のお宅巡りの時には、この木陰はある種のオアシスになります。

f:id:Alois-Alzheimer:20211002163104j:plain

住吉神社看板

 ところで、岐阜県の神社を巡っていると、金幣社や銀幣社…などといった肩書きを見かけることがありますが、例えば、最初に巡った春日神社などは、金幣社であり、この住吉神社は銀幣社となっており、他に白幣社、無格社とあるようです。
 他にも、県社、郷社、村社なんていう名称がついていたりする神社もあり、何かしらの格付けなのかしらと思って調べてみたところ、神社の格付けそのものは昔はなかったようですが、明治に入って間もなく、県社、郷社、村社という形で格付けが分けられ、しばらくこの格付けで神社は運営されていたようですが、戦後、格付け不要という事で、削除されたため、現在は格付け自体が存在しないようです。そのため、神社の石碑に県社や郷社あるいは村社と書いてある石碑などを見かけた場合には、明治から戦前までの間に設置されたものと考えてもらえればいいのかなと言えます。格付けの細かい説明は省きますが、なぜか、岐阜県だけ、新たに格付けを作ったようで、それが、金幣社、銀幣社、白幣社、そして、あまりにかわいそうな名称ですが無格社と4つの格付けをつけ直したようです。そのため、この肩書きは、岐阜県にしか存在しないもののようです。さらに詳しい名称の説明については、調べると出てきますので、参考にしてみてください。

f:id:Alois-Alzheimer:20211002164422j:plain

住吉神社鳥居

 この住吉神社は、正面はまた別にあったため、正面に向いたところ、鳥居がありましたが、なんと木製の鳥居でした。小さいものでしたら、見かけることはありますが、この鳥居は決して小さいものではありません。経年的な変化が目立ちますが、とても立派な大きな鳥居でした。石の鳥居と違い、時代の流れを感じます。

f:id:Alois-Alzheimer:20211002164652j:plain

本殿

 最後本殿を覗きました。鳥居と同じで、木を感じるものとなっていました。末社や摂社もたくさんありましたよ。もっともっとじっくり見て回りたかったのですが、ここでついに15時回りました。

 最後の神社は、御朱印をいただける事が事前に分かっている神社でしたので、社務所の閉まる時間午後4時がまさにタイムリミット。住吉神社からは、Google Mapでは、43分とあり、なんと到着予定時刻が、15時58分…ギリギリじゃないか…

 走るわけにはいかないのですが、とにかく、スタスタと歩くこととなりました。

 

 

定期券圏外神々のお宅訪問。Vol.34

 冨士神社という怖い階段をもつ神社をあとにし、2時間半という時間の短さで諦めないといけない、ご神体巡りが続きます。

 さらに北上を続けます。少し長良川鉄道から離れていき、徐々に長良川に近づくような動きをします。関市は、岐阜市と国道でつながっていることもあり、市街地の車の流れは、南北が比較的盛んで、東西は、限られたバイパスと東海環状自動車道あたりが車の流れの要所となっています。北上すると、南北のバイパスである国道156号線を横断する形で、東海北陸道のそばを通り、到着したのが、小瀬八幡神社です。

 

f:id:Alois-Alzheimer:20211002155632j:plain

小瀬八幡神社鳥居

 人の気配は全くないのですが、とにかく立派な赤い鳥居が目を引き、奥に続いていました。周りの木々はとても大木で、脇にある電柱と比べていただければ、なかなかのものという事はおわかりいただけるかと思います。

f:id:Alois-Alzheimer:20211002155843j:plain

参道

 なかなか、いい感じの参道です。まっすぐ向かえば本殿ですが、石灯籠あたりに何か、看板があり、右に矢印があります。

 なんとこれは、この神社の横につながり、裏にご神体そのものである山がありそこへつながる登山道となっていました。表からはさほど分かりませんでしたが、なんと、山持ちの神社なのです。少しだけ、道をそれてみてみると

f:id:Alois-Alzheimer:20211002160113j:plain

夫婦桧

 確かに、枝を絡めて中の良さそうな桧が2本…仲睦まじく…あれ!?

f:id:Alois-Alzheimer:20211002160245j:plain

夫婦桧の枝

…枝が刺さっとるやないかい。なんと貫いているのです。これは…ご夫婦、「何かすればどうなるかわかりますか?」などと言わんばかりのびっくりするような桧じゃないですか。これぞ夫婦愛…

 この夫婦桧を過ぎると、登山道が本格的に続いていましたが、いこうか、いくまいか、いこうかいくまいか…この桧の前でうろうろとして、…行かないこととしました。やっぱり時間がない。

f:id:Alois-Alzheimer:20211002160651j:plain

本殿

 本殿閉まっていましたが、覗いてみると、素敵な本殿でした。

 しばらく、マイナスイオンをすっていたい神社でしたが、14時回りましたので、急いで次に…。

 次もまたなんと山持ちの神社でした。先ほど横断した156号線に戻ったら、道沿いにありました。

f:id:Alois-Alzheimer:20211002161053j:plain

向山石碑

 唯一の神社の名前が書いてある石碑ですが、正面からとろうとすると、国道にはみ出すため、車にはねられそうになってしまったため、少し横からです。

f:id:Alois-Alzheimer:20211002161159j:plain

向山神社鳥居

シンプルな鳥居に長めの参道ですが、この参道は一見すると舗装されているように見えますが、細かい砂と砂利の道で、雨の日であったため、靴が沈むような参道となっていました。

 参道の脇に末社や摂社が、設置されていました。鳥居の奥に見えている赤い設置物も末社でした。

f:id:Alois-Alzheimer:20211002161455j:plain

本殿

 やはり、人の気配がない神社ではありましたが、立派な、本殿がありました。

 本殿は…かりそめなのか、この奥に確かにほこらはありましたが、左に道が続き、向山登山道…やはり、行こうか行くまいか…悩みましたが、先に行くしかないと言うことで、諦めました。

 時間を気にしながらというのは、やはり、ちょっともったいない気持ちになります。

 

 

定期券圏外神々のお宅訪問。Vol.33

 さて、続きになりますが…

 春日神社をあとにして、いそいそと北上していきます。長良川鉄道沿い…あるいは長良川沿いといった方が良いでしょうか…もう一つ、東海北陸自動車道に沿って北上と言っても良いかもしれません。

 まず到着したのが冨士神社です。裏側に小さな小山がある小さな神社でした。

f:id:Alois-Alzheimer:20211002153332j:plain

冨士神社鳥居

 隣に児童公園を有する、いわゆる氏神様という感じの神社で、目の前に参集殿があります。

f:id:Alois-Alzheimer:20211002153500j:plain

参集殿

 本殿が見えないじゃないか…賽銭箱はここにあるのですが…あくまで、やはりお宅を見させていただきたいという事で、参集殿をするすると横に通り過ぎて、見えている階段へ…

f:id:Alois-Alzheimer:20211002153627j:plain

本殿

 階段が続くわけですが、この階段、一段一段がとても狭くて、靴半分しか引っかからない階段です。半分登ったところで、狛犬様がお出迎えしていただきましたが、本殿前まで登りましたが、つま先立ちでしか、いられない階段です。お辞儀するだけで後ろに転がり落ちそう、さらに拍手するにも、手を動かそうとしても後ろに落ちそう…振り返るとほぼ直角に真下に参集殿…。あまりに怖すぎて、お参りできず、狛犬様のところまで、階段にしがみつくように下りて、ここも怖かったのですが、この場所でバランスがとれたので、お辞儀をして、お参りをさせていただきました。

 やはりこの階段は、神様の足のサイズを考えて作られた階段でしょうか…段差は普通にありましたが、とにかく幅が狭い…神様…足のサイズは、かなり小さいのですね…。

 整っている神社の中で初めて身の危険を感じた神社でした。

 この神社をあとにする頃に既に13時半を過ぎていました。最後の神社は16時より前に到着しなければ習いません…あと2時間半…果たして…。

 

 

定期券圏外神々のお宅訪問。Vol.32

 あれ…しばらく、お休みにするのではなかったのか?

 …などと突っ込みが入りそうですが、午前中は雨も激しかったため、いつものコースウォーキングも出来ず、さらに、私用があったため、神々のお宅巡りは出来ないと思っていたのですが、私用が意外と早く終わり、さらに、雨がやみ始めたので、「そうだ、長良川鉄道だ」ということで、発作的に関方面にお邪魔させて頂くこととしました。思いつきで、お出かけしたため、時間に縛られ、せかせかした、巡りとなりました。

 関は、刃物の製造でとても有名で、長良川鉄道においても「刃物会館前」という駅が存在します。神々のお宅巡りは、この駅をスタート地点となりました。

 まずは、貴船神社をお邪魔しました。

f:id:Alois-Alzheimer:20210926222239j:plain

貴船神社鳥居

 立派な本殿が見える鳥居をくぐると、広々とした、空間が広がり、それでいて、周囲には、樹齢を重ねた木々が茂っていました。

f:id:Alois-Alzheimer:20210926222440j:plain

貴船稲荷神社

 脇には、稲荷神社があり、真っ赤な鳥居が並んでいました。脇社と末社もたくさんありましたが、せかせかとしながら、本殿のお参りをしました。

f:id:Alois-Alzheimer:20210926222726j:plain

貴船本殿

 貴船神社をお参りした時間は、ちょうど12時過ぎくらいでしたので、御朱印を頂くタイミングとしては、やや失礼なタイミングでしたが、社務所をのぞいてみると、コンビニのおにぎりと思われるものを法針欠けている宮司さんと目が合ってしまい、申し訳ないと思いつつ、御朱印をお願いしました。Boss缶が2本並ぶ机で、一生懸命書いて頂きました。お休み中申し訳ありませんでした。

 

 さて、次は、春日神社にお邪魔してきました。こちらも、比較的大きな神社という事もあり、お邪魔しました。

f:id:Alois-Alzheimer:20210926223546j:plain

春日神社鳥居

 刃物会館の隣に位置する春日神社は、とても大きな鳥居がお出迎えしてくれました。昼時のタイミングのお邪魔でしたが、お客さんもなく、静寂の空間でした。

f:id:Alois-Alzheimer:20210926223944j:plain

春日稲荷神社

 もちろん、稲荷神社がありました。セットみたいに思えてしまいます。稲荷神社は通常の神社とは異なり、やはりキツネに囲まれ、特殊性を感じます。この雰囲気は大好きです。

f:id:Alois-Alzheimer:20210926224111j:plain

春日神社本殿

 もちろん、とても立派な本殿でした。ご祈祷をお願いするときには、この椅子に座るという事は、理解できるのですが、果たして私の重みに耐えられるだろうか…お願いもしていないのに心配になってしまいました。

 春日神社の宮司さんは、お昼休みは、社務所から出かけられてしまっていました。2時に戻りますという事でしたが、2時まで待っていると、予定の神社が回りきれなくなるため、書き置きに自分で日付を書き込み、お代を箱に納めてあとにしました。

 さて、これが御朱印です。ちなみに、春日神社の日付については、私の直筆となります。…それだけですが…。

f:id:Alois-Alzheimer:20210926224422j:plain

御朱印