ごまウシの頭の体操

認知症、緩和ケアなどが私の仕事の専らですが、これらに限らず、私が得た知見を広く情報発信したいと思います。

そろそろ控えるべきでしょうか…。

 既に職場からは、控えるような指示が発令されましたが…

 みなさん、外食については細心の注意を払っていますか?

 早く、来ながらに、のんびりと外食できたらと思うところではありますが…。そんなことを思いながら、仕事から帰ったあとに喫茶店に立ち寄っています。

f:id:Alois-Alzheimer:20220112202641j:plain

喫茶時間

 喫茶店やカフェで、調べ物や書き物をするのは学生時代は、周りの音が気になり集中できなかったのですが、最近は、不思議と自宅でリラックスしてよりも集中できるようになりました。自宅だと、そのままだらけモードに入ってしまいます。職場でも…眠くなる…。

 なぜ、このように血糖値を上げておきながら集中できるのでしょう?

 本来は消化管に血液が集中して、脳の血流は低下して眠たくなるものですが…。血糖値は、脳の活動には重要とは言え…こんなトーストを食べているようでは…。しかもウインナーコーヒーを本日は頼んだので、生クリームの高カロリー…ごまウシは体積増大中…。

 

 外食のお話に戻りますが、ファミレスから居酒屋、そしてカフェ、ファストフード店などなど様々なジャンルのお店がありますが、飲食店は、どこも楽しい時間を過ごす場所だと思っていたりします。なのに、最近は、コロナウィルスなんて言うものが、この憩いの場所を破壊してしまっているような…。

 オミクロン株、まだまだ、確信が持てませんが、最終的なコロナ風邪に戻っていただきたいものです。風邪が流行している程度ならば、個々まで、飲食店を苦しめなくてもすむわけだし、それに、風邪を防ぐのは、みなの共通認識でカバーできるはず。そして、飲食店だって、健康な人が楽しいひとときを過ごすために気持ちよくサービスが提供できるもの。

 

 コロナめ!ダウンしてしまえ!

 なんて、思うごまウシは、食欲を抑えられず、食べ続けるのであった。