ごまウシの頭の体操

認知症、緩和ケアなどが私の仕事の専らですが、これらに限らず、私が得た知見を広く情報発信したいと思います。

家で過ごすときの贅沢

 ゴールデンウィークは、自宅で過ごす時間が多かったのではないでしょうか?確かに、緊急事態宣言、蔓延防止対策などの他、地域で外出自粛を言われている中、隙間を縫って外出することに、若干の罪悪感を伴ったのではないでしょうか。

 私はお休みが続くときはどうするかと言えば、スーパー銭湯や温泉巡りを予定します。今年のゴールデンウィークは、当直業務などがあり、結果的には連続で休みが取れた日がなく、いつもの週末のに地曜日が3日起きにやってきた感じになりました。それでも日曜日のようなお休みはとても貴重なので、お出かけはしたくなるのですが、やはり我慢という事となります。

 自宅での過ごし方は様々な方法があると思いますが、私は、おととしですが、自宅須越の贅沢の極みのようなモノを購入しました。現在もそれは販売しているのですが、検索すると後継機種しか見当たりませんでしたので、こちらを提示したいと思います。

 

 そう、マッサージチェアです。私の利用している機種は、一つ番号の小さいAS-1100と言うモノですが、形などを見る限りはおおよそ同じかと思われます。

 スーパー銭湯などにあるマッサージチェアとは、違いがあるのかと言われると微妙なところがありますが、少なくとも、30分コースなど公共のマッサージチェアにはないロングな利用ができることでしょう。

 

 マッサージチェアの購入に当たっては、まずは、設置場所が意外と場所をとることです。キチキチな設置はリラックスができないため、両側や背後にゆとりを持たせようと考えると、1m×⒉m程度の空間が確保できる必要があります。さらには、業者に運んでもらうためには、玄関の幅がいくつ以上ないといけないと言った条件があるため、購入前に確認をしておく必要があります。あまり多くの空間を利用しないと言われているマッサージチェアもありますが、全身を伸ばしてのマッサージは難しいようです。

 マッサージチェアそのものはこの機種が1号機であるため、他と比較することはできませんが、スーパー銭湯などの最新機種(無重力マッサージ)と比較した上での話しとなりますが、自宅のせいか分かりませんが、どんなメニューでも10分以内にかなりの確率で寝入ってしまいます。とても快適なため、Youtubeで神社仏閣巡りの動画や宇宙関係の動画を流しながら、そのままぼんやりと過ごしたりします。

 揉み返しは経験としてはありません。強さを最強にしても同じ。加えて腰の入り方は抜群です。上については首筋までマッサージしてくれます。

 半日くらいマッサージチェアの上で過ごしたこともありますが、特に問題はありませんが、時間を浪費した罪悪感に駆られたりします。

 

 贅沢の極みのものではありますが、10分200円のマッサージチェアを存分に毎日領できることを考えると、2年もあればペイされたと感じられるようなものです。

 購入には事前の確認は必要ですが、一度ご検討していただくことをお勧めいたします。