ごまウシの頭の体操

認知症、緩和ケアなどが私の仕事の専らですが、これらに限らず、私が得た知見を広く情報発信したいと思います。

本当に足を痛めました。

 本当に老化はそこかしこに始まっているなという実感を沸くようなことがありました。そう、足をちょこっとひねったのです。ごまウシの最近のダイエット状況からすると、さほど問題とならないと思っていたのですが、本日は完全にびっこを引いている状態となりました。

 

 久しぶりにしっかり歩いた後でしたので、単なる疲労だと思ったのですけどね。どうもそうではないらしい…。明らかに本日はびっこを引いた状態でうろうろと歩き回る羽目となりました。

 

 ごまウシの重みに足が悲鳴を上げ始めた一つの証拠でもありますが、それと、関節を守るための筋肉量も減少したことなのでしょう。足首の捻挫…。ごまウシが明らかに足の捻挫でびっこを引いた経験は、全くないわけではないのですが…高校時代のハンドボールの時のジャンプの後にひねったこと、中学時代のバスケットボールでリバウンドの後に誰かの足に引っかかってねじったこと…そして、大学生の時に、階段を踏み外したこと。そして、最近では、12年ほど前に、華々しい国際学会に参加したときに、階段の講堂で足を踏み外して思いっきり前まで転がり落ちるように、降りていき、周囲の注目を浴びながら足をひねったこと…。

 

 今回は、なんとなくひねったような気がしただけだったのですが…それで、この痛み…。

 

 ただ、いずれにしても、一番みっともなかったのは、国際学会で講堂で足を踏み外したときかな…。周囲から"Are you OK ?"と聞かれまくってしまったときは、何も答えられずに、首を縦に振るだけでした。ちょっとくらい、答えられればよかったのですけどね。

 

 しばらくびっこせいかつが続きます…みなさんも油断しないようにしてくださいね。