ごまウシの頭の体操

認知症、緩和ケアなどが私の仕事の専らですが、これらに限らず、私が得た知見を広く情報発信したいと思います。

新しい病院での当直

 昨日は、新しい場所での当直業務がありました。業務的にはさほど切迫していないという事で受け入れた当直業務ですが、実のところ、それまでは、この場所での当直は、移転前の病院が、当直を兼務していたため、当直医はいなかったわけですが、移転したことにより、医師不在となるため、当直が始まったわけです。

 

 このような状態での当直は既に元旦から始まっていたわけですが、業務は平和であったのですが、事前に準備しておいた事柄などにおいてのトラブルが炸裂しました。

 

 まずは、私もいけなかったのですが、移転前に、当直の際に使用するもの(当直グッズ)を紙袋に詰めて置いておいたのですが、それが、なくなってしまい、バラバラになった状態で、事務所に保管されている状態となっていました。

 

 手渡されたのはシャチハタ印缶入りのペンケースのみで、あとは、聴診器が他の場所から見つかり、紙袋自体がその後に見つかるという状態でしたが、紙袋の中に入っていたインクとタオル以外は、ことごとくなくなっており、ヘアブラシ、歯ブラシ、歯磨き粉などはどこかに行ってしまっていました。

 

 とても広い空間の当直室に驚きを感じていましたが、あまりに広すぎて落ち着きがなくなってしまう環境でした。うらやましい状況です…。

f:id:Alois-Alzheimer:20220108120414j:plain

当直室

…でも、やっぱり落ち着かないでしょ。

 もちろん、もともとは個々は当直室ではなかったというのは言うまでもないことですが…。

 

 本日はこんな当直明けのため、眠たい眠たい…しかし忙しい…午前中でした。