ごまウシの頭の体操

認知症、緩和ケアなどが私の仕事の専らですが、これらに限らず、私が得た知見を広く情報発信したいと思います。

過去へ置き去りに…

 最近では、WindowsでもMacでも、新しいOSを購入しなくても最新のOSにアップグレードができるので、いつも最新の状態においておけるようになりました。快適に使わせていただいている状況ではあるのですが、ある瞬間…いきなり過去に置き去りにされてしまうことが発生します。もちろん、事前情報はあるのでしょうけど、置き去りにされると…とても寂しくなってしまいます。

 もちろん、置き去りにされても、アップデートは小さいものとしてきちんとありますが、やはり買い換えの時期か…と頭を悩ませるきっかけになります。

 先日掲載しました、写真をもう一度掲載します。

MacPro

 このMacは最近のごまウシの姿をずっと見つめてくれているものです。本体は、右側にあります、黒い筒状のアイテムです。当時としてはあまりに斬新であったので、かなりの注目でしたが、小さなものでしたので、拡張性がないという事で、世代交代は既に行われておりますが、世代交代してからは一般の方には手の届かない高級品に変わってしまいました。

 もちろん、ごまウシとしては、このパソコンにはかなり資金を投じておりましたが…それとは桁違いに高級化を現在は果たしております。

 システムとしては…

Macシステム

 このシステムを見ると、2013年とありますので、もう9年を向かえているという事になります。そんなに使っているのかと思ってしまうのですが、それだけのものではあると思っております。

 さて、過去において行かれてしまったというのは、気付かれる方は気付くとは思うのですが、そうです、MacOSのバージョンです。現時点では、最新版をインストールしており、修正パッチなどを全て当ててあるわけですが、実は、MacOSは既に新しいバージョンのものがダウンロードできるようになっております…しかし、このMacではダウンロードの画面が出てきません。

 そうです…最新版の保証対象から外された瞬間です。

 最新版ではないのですが、古いバージョンでは使えるので引き続き使えますし、パッチなどのアップデートはありますので、大丈夫なのですが、過去の遺物として、扱われ始めた瞬間です…。

 

 パソコンはだいたい5年くらいで買い換えだという方もおられます。そういう点では、9年を迎えているこのパソコンは、なかなかの長寿とも言えるでしょう。しかし、やはり、それなりにコストをかけたパソコンですので、もう少し長寿であって欲しいと思うところです。

 ごまウシとしてはまだまだメインマシーンとして使い続けるつもりではありますが…そろそろ動きの遅さを感じるところとなってしまいました…。

 

 老いはなかなか避けられませんね…。