ごまウシの頭の体操

認知症、緩和ケアなどが私の仕事の専らですが、これらに限らず、私が得た知見を広く情報発信したいと思います。

芸術的な雲の造形

 本日は、とても素敵な雲を見つけました。

夕暮れの積乱雲

 雲の底面は、日没により暗くなっていますが、上層部はまだ日が当たっていることにより、このような感じになりました。積乱雲ですので、この雲の下は、おそらく…

 あまり大きな雲ではなかったのか、雲の下の方がピカピカしている感じはしていませんでした。大きくないと言っても上空はかなり雲が上昇しているようで、雲のてっぺんは平坦になっています。

 理由は、調べていないので分かりませんが、一万メートル以上には積乱雲は高くなれないようなので、このように天井は横に広がって行くみたいです。そういう点では、大きくないと言っても厚みは結構なものですね。

 

 以前から雲の写真を撮ると宣言していましたが、実際は、なかなか出来ませんね。

 しかし、本日は素敵な雲をお見せできました。