ごまウシの頭の体操

認知症、緩和ケアなどが私の仕事の専らですが、これらに限らず、私が得た知見を広く情報発信したいと思います。

朝のビュッフェの傾向

 ごまウシは、今回の学会出張では、平日から日曜日にかけての宿泊をしました。同じホテルで毎朝ビュッフェで朝食をとったという事になります。

 いつも利用させていただいているホテルなので、色々な思い出が出来ているところではありますが、改めて冷静にホテルの動きを見ていたのが今回の宿泊でした。

 

 今回注目しているのは朝のビュッフェです。いつも豊富な食材が用意されており、以前のごまウシでしたら、置いてある食材は全て手をつけていたのですが、ダイエット思考もあり、徐々に抑えるようになり、今回、初めて「おかわり」をしに行かなかったので、我ながら、褒めてしまいました。

 

 さて、ごまウシは、朝1番の登場になるのですが、早くからまたれて開店を待っている方がごまウシ以外にもおられます。またれている方々の、層や人数は、日によってもちろん異なるのですが、ある共通したところがあります。

 

 まずは平日ですが、当然ながら、お仕事の方が多くなります。しかも、みなさん朝が早いのか、かなりの行列で待機することとなります。土曜日になると、これが閑散とし、リラックスした服装の形が数人いらっしゃるという感じになります。日曜日は、やはり朝一は閑散としているのですが、若干のカップル、ご夫婦、子供連れといった感じになります。

 お仕事のスタートは、どの職種もやはり早いのですね。ごまウシは、朝一の方が良いから特別急いでいなくても、朝一になるのですが、みなさん、目的があって朝一になるため、食事のスタートも勢いがあります。

 ビジネスマンは、みな大食いですね。一杯お皿に盛っています。ごまウシもその一人になるような盛り方をしています。ごまウシと負けない体格をしている方々は、もちろんお変わりに走ります。朝からカレーなんて言ういきおいのある方もおられます…あ…これはごまウシですね。

 

 このようにビュッフェスタイルの朝食ですが、曜日によって、客層も変わり、じろじろ見ているわけではありませんが、動きが面白かったりします。2019年までは、このお客さんに外国人が一杯おられたわけですが、まだ現在はおられません。

 海外からの入国制限が解除されてきているため、これからの客層は変化していくものと思いますが、外国の方は、朝がとても早いのも特徴ではあります。これから混雑するんだろうなぁ…って思ってしまいます。

 

 さて、このホテルの利用も、どうでしょう、もう4年くらいになりそうですが、最近ビュッフェの場所に、野菜の栽培コーナーができあがりました。今時のSDGsなのでしょうか。一部だけ、栽培コーナーの明かりでダウンライトを圧倒する明るさを誇っている場所があります。

 少しずつですが、時代とともに変化していくのも伝統あるホテルでも同じですね。スタッフの方々は変わり有りませんが…。ごまウシのことを覚えていただけているでしょうか…?玉にしかお邪魔しませんが…。