ごまウシの頭の体操

認知症、緩和ケアなどが私の仕事の専らですが、これらに限らず、私が得た知見を広く情報発信したいと思います。

多度観光

 いつものお宅巡りではありますが、本日は、多度町の観光をした感じで記事を書こうと思います。三重県桑名市にある多度町は、東海地方ではかなり有名な、白馬伝説などというお話のある、多度大社という大きな神社があります。

 先日の記事の通り、この多度町には、養老鉄道に乗ってお邪魔することが出来ました。

駅前ロータリー

 ちょっとした、宿場町のような風情のある癒やされる駅前でしたが、人の気配は全然なく、とても静かでした。ここから多度大社までは、1.5kmほどの距離になりますが、さらに少し外れて、多度山ハイキングコースなんて言うのもありますので、そちらの方に向かいました。

多度橋

 多度川の多度橋からの多度大社方面を向いた、川の写真です。川辺は比較的綺麗に整備されており、地域のウォーキングコースとして成り立っているようです。川沿いには、サイクリングロードもありました。このあたりから多度大社までの往復は、だいたい45分くらいのコースになると思われるので、言いウォーキングコースになるかなと思います。

 川の水も綺麗な清流となっていました。

 この多度川を越えて、てくてく歩くと、宇賀神社という神社の鳥居がみえてきて、その神社の方面へ向かうと、多度山ハイキングコースに入ります。

多度山観光マップ

 ハイキングコースはいくつかありますが、まともに回ると、二時間コースとなり、本格的なハイキングが楽しめるコースとなっていますが、ごまウシは、「時間の都合」という言い訳から、短いコースを歩くこととなりました。

ハイキングコース

 この通りのなかなかの上り坂です。息切れしながら、着実に一歩ずつ前に進んでいったわけですが、近くに養蜂場もあり、なかなか風情のある風景でしたが、この養蜂場の影響なのか、ごまウシの周りをミツバチがぶんぶん飛び回ることが増え、一匹ひたすらつきまとってくれました。ごまウシの周りをひたすら旋回し、時々肩にとまり、そして、また旋回し…。多度大社に到着するちょっと前まで、どうでしょう、20分くらいはつきまとっていました。距離にして1kmはついて回っていたように思います…なかなかのミツバチです。しかも、途中に愛宕神社が有りましたが、そこでお参りをしているときもつきまとっていましたので、一緒にお参りをした形となります。不思議な体験でした。

 多度大社へお邪魔した後、帰り道は、対岸の川沿いのサイクリングとウォーキングのコースを歩いて帰りました。帰りにはとてもいい雰囲気の建物を見つけました。おそらく廃校となった小学校をリフォームしたものと思われますが、こんな感じの建物はぜひ末永く残しておいて頂きたいものですね。

郷土館

 こんな感じで、多度町は、多度大社だけではなく、地域的に見所満載なところですので、ぜひ、一度お邪魔してみてはいかがでしょうか?