ごまウシの頭の体操

認知症、緩和ケアなどが私の仕事の専らですが、これらに限らず、私が得た知見を広く情報発信したいと思います。

期待のハイブリッド

 ごまウシの職場は、まさに岐阜県の飛騨路に向けて線路が延びる中継駅のそばになります。この駅からは、下呂温泉から高山まで岐阜県の観光スポットを巡るような特急電車が走っています。名古屋駅(一部大阪駅)から発車しているワイドビューひだ(特急ひだ)がこの線路を北上していきます。

 特急列車ですが、非電化区間を走るため、大きな重低音をとどろかせるディーゼル電車で、最近の新幹線のような静寂さは全くない特急列車が走っています。

 しかし、そろそろですが新型車両が投入されます。

 すでに2〜3年前から、試運転として目にしていたのですが、なかなか写真に収める機会がなかったのですが、今回、縁に静かに止まっている新型特急を目にしましたのでパシャリと写真に収めました。

新型車両

 あれ…妙に短いなぁ…2両編成って…実際は6両編成などのびた車両になるとは思いますが、短いものが止まっていました。なかなか未来的デザインですね。

 この新型車両は、ハイブリッド車両と言われており、バッテリー搭載で、実際に試運転で動いているのを目にしたことがありますが、電気で動く電車と同じくらい静かに走っていました。おそらく、ディーゼルエンジンが止まったりして、静寂を保つことが出来たりするのがあるのでしょう。

 

 このハイブリッドディーゼル電車は、まだ乗車したことはもちろんありませんが、きっときっと乗り心地も最高なんだろうなぁ…と期待をこめて眺めていました。

 

 これから、ポストコロナに近づき、外国からのお客様が増えれば、おそらくこの新型車両がいよいよ投入されることなのでしょう…。

 ごまウシが乗車するのはいつになるやら…。