ごまウシの頭の体操

認知症、緩和ケアなどが私の仕事の専らですが、これらに限らず、私が得た知見を広く情報発信したいと思います。

細過ぎる月は全体が見える

 日没後に、とても細い細い月を見ることが出来ました。毎日見ていれば、さほど珍しいわけではないのですが、たまに目に入ると、珍しく感じてしまいますよね。

細月

 スマホで撮影できる限界になってしまいますが、夜景モードで撮影するとこんな感じになりました。撮影すると思ったほど細く見えませんが、実際はとても細い月になります。

 細い月はよく観察すると、月全体が見えていたりします。ナイトモードの場合は、それがさらに強調されるので、まん丸な黒いシルエットがみえていますよね。

 実際は、この細い月をじっくり見ていると、なんとなくですが、月が球体であることが分かったりします。

 夜空を眺めると、すぐそばにある月をはじめとして、金星があったり、そしてシリウスのような遠く離れた恒星があったり…物思いにふけるのにはたくさんの材料がそろっています。

 

 たまに、街中の喧噪から目をそらし、夜空を眺めてみるのもいいと思います。月くらいならば、街中でも見ることが出来ますよね。