ごまウシの頭の体操

認知症、緩和ケアなどが私の仕事の専らですが、これらに限らず、私が得た知見を広く情報発信したいと思います。

現在のパソコンは何年使えるのでしょうか?

 ごまウシの使うパソコンは、全部で4台になります。多いか少ないかと言えば、もちろん、多いという事になるでしょう。分類するとデスクトップ2台とノートパソコン2台となります。これらは、それぞれが業務用となっており、1台のデスクトップのみがWindowsとなっています。

 

 ノスタルジックな思い出を振り返ると、パソコンは、使っていくうちに必ず基本室テムをバージョンアップするという段階が発生し、それが保証対象外となったりするとともに時代遅れを加速していき、オフィスソフトなどのビジネスソフトが古くなって行ってしまう事態が発生してしまいます。

 

 Windows 95→98へのバージョンアップでは、ハード面では使えるものが増えたくらいで大きく変化はなかったのですが、一気に動作が遅くなったことを記憶しています。

 Windows NT4→2000のバージョンアップにおいても同様に動作の鈍さを実感しました。

 この次のXPへの移行については、実はごまウシが国家試験の勉強などのため、バージョンアップをしている暇がなく、そして、お仕事を始めるようになったときには、今までの古いものを一新し、新しいものが登場させることとなったのですが、XPの時代があまりに長かったため、バージョンアップの機会がほとんどなく、バージョンアップすることなく、次の時代のパソコンでWindows10となったような記憶があります。

 

 さて、最近のパソコンは、OS自体を本格的にアップデートすることがほとんどなくなったので、システムをリフレッシュする楽しみが減少してしまったような気がします。

 確かに小さくWindos10→11があったものの、MacOSはほぼ大きく変化した感じがなく、マイナーバージョンアップのような感じですよね。

 

 Officeシステムもサブスクリプションで、バージョンがどれかわかりにくなったりすると、パソコンのをリフレッシュすることもほとんどなくなり、いつまでもずっと同じ環境で使い続けることが出来るようになりました。

 

 さて、みなさん、パソコンの買い換えのタイミングはどれくらいになりましたでしょうか?以前であれば5年も使用すると、昔話のようなパソコンになっていますが、今のパソコンは、10年くらいは使えそうな…などと思ってしまいます。

 因みに現在一番古くなっているMacのデスクトップとノートパソコンは、9年目を迎えています。最も新しいノートのMacは2年目となっており、Windowsパソコンは3年目。

 

 最新の状態で、末永くパソコンを使うことが出来るのであれば、コストもかからないので、すばらしいことですよね。