ごまウシの頭の体操

認知症、緩和ケアなどが私の仕事の専らですが、これらに限らず、私が得た知見を広く情報発信したいと思います。

再び、コロナ感染症対策を考える

 ゴールデンウィークが盛大に終わり、平日のひとときが週の後半まで来ました。みなさん、感染対策は確りとられましたか?

 ごまウシは、休日は何もか割らずお仕事をしておりましたので状況は変わりませんが、いろんなところで、いわゆる三密日怪現象が発生していたことと思われます。

 

 新型コロナウィルスについては日本で一般的に言われている見解とは異なり、WHOでは、主体は、飛沫感染エアロゾル)であるという事で、その次に接触感染であるというデータを示されております。この点の対策を確りとられていますでしょうか?

 

 最近、とある方が新型コロナウィルスの感染症にかかってしまい、しばらく保健所の指示に基づいた隔離対応をされてしまっていました。そして、復活したところで、たまたまで合うことがあったのでした。

 ごまウシからは、ご苦労様という苦労をねぎらう言葉を投げかけた上で

 「かかってしまう、心当たりみたいなものは存在したか?」

 と聞いてみたところ

 「日常的にマスクをつけていたし、混雑しているところは行かないが、日頃の生活の中でどうしてもスーパーなどに行っている。別にしゃべっているわけでもないし、マスクもつけているから、それで防げないならどうしようもないけど、考えられるとしたら…お金かなぁ…?」

 

 そうなんですよね。日頃マスクを確りつけている方で日常的に三密酒は確り気をつけていらっしゃった方なので、やはり心当たりはないのですが、小銭…お買い物では避けられないものですが…これくらいしか心当たりはないという事でした。

 

 客観的に見る限り、マスクについては、不織布マスクで、鼻がでないようにきちんと形を整えて決して外すようなことはせず、それこそ外でもしっかりつけていらっしゃいました。確認できないのは日頃の手指消毒です。

 通常素通り程度の空気の交わりで、特に閉鎖空間とは行ってもスーパーのような大きな空間においては、密農地には含まれないと考えられるため、いわゆる飛沫感染のリスクは限りなく小さいのではないかと考えられますが、小銭…については、接触感染ですが、手指消毒を日頃行っていたとしても、小銭付着しているものについては、持ち続けてしまうこともあり、さらにその後に目を区すったりしたりすれば、感染の恐れがあるという事になります。

 

 今回のお話の中で、現在は、日常的に全国で多くの方の陽性の判定がされている現状です。どこにでも普通にコロナ感染者がいらっしゃるという状況となっているため、今まで通りの「ふつう」の生活をすれば、普通に接触する可能性があります。

 接触はものを介しても起こる可能性が否定できない現状は、当初から言われていることでもありますので、それでも日頃の手指消毒は、マスクと併用することにより、さらなるガードにつながるのではないかと考えられます。

 

 まだまだ、感染症としては第2類のままです。最大級の用心は行動制限が緩んできているからこそさらに強めていく必要があると言えるでしょう。