ごまウシの頭の体操

認知症、緩和ケアなどが私の仕事の専らですが、これらに限らず、私が得た知見を広く情報発信したいと思います。

やはり、日本はお金持ち

 ごまウシは、以前から触れているとおり、事業というものを動かし筒あるのですが、その中では、とにかく「資金」が…と言うことが頭の中でぐるぐる回っています。

 「資金」というのはもちろんお金のことです。

 

 お金は、事業の中では万能というのは実感する一方で、とても万能だからこそとても恐ろしいもの…と言うことをつくづく感じる所ではあります。

 

 お金のお話は、ごまウシはそもそもあまり好きではないため、この事業となったときにはとにかく、好きではないことと向き合ってしまうこととなります。そのためなのか、このところ、ぼんやりしているときには、何かとお金のことが頭の中をぐるぐるしていることがあります。そして、ふと、仕事帰りに周りを眺めてみると…全てがお金にみえてくるのです…。

 

 ごまウシが通勤の時に見かける景色は、都会の景色ではなく、むしろ郊外ののどかな風景で、所々水田や畑などがあるような地域で、ポツポツとマンションが建っていたりするような雰囲気で、戸建ての住宅がたくさん広がっています。国道もあり、そこには、飲食店や大縣のドラッグストアなどがあります。

 

 ごまウシの頭の中では、次のようなものが走りすぎていきます…

 国道を走る百万〜数百万…×10台以上…

 信号機…1機300万前後×4…向こうにも4機…

 アスファルト1平方メートルあたり5000円くらい…×どれくらいだろう?

 戸建て…安くても1000万?

 テナント1つ…数億円…

 マンション1棟数十億円…

 

 周りがお金で包まれています…。こんな風景が日本のありふれた風景なんですよね。一視野に数十億ものお金がひしめいている。これが都心部になれば、数百億〜数千億なんていうお金になっている可能性が…。ちらっと見るだけで、それだけのお金ですよ…

 

 こんなことを考えていると…日本はやっぱりお金持ちだなぁ…

と思ってしまうのでした。