ごまウシの頭の体操

認知症、緩和ケアなどが私の仕事の専らですが、これらに限らず、私が得た知見を広く情報発信したいと思います。

パートナーの疲労状態

 以前より触れていましたが、ごまウシは長い付き合いのある方をパートナーとして、事業を始めております。まだまだよちよち歩きの事業ではありますが…。

 そのよちよち歩きの事業ではありますが、ここのところいくつかのトラブルがあり、バタバタと…こんなトラブルの時には、代表をしているごまウシが出向いて対応するということが出来ればいいのですが…

 こんなごまウシは、のびのびと、講演を行いつつ、週6日の勤務と週2日の当直業務と…事業とは無縁の仕事に奔走としている訳なので…パートナーが徐々に疲労をためて行っているわけです。

 しかし…こんな私を代表として擁立したのは、紛れもなく、このパートナー。ごまウシは、現在のお仕事を辞めるつもりはないことは重々説明した上でのことで、代表をやることを同意したかしら?などとふと思いつつ、結果的にこんな代表であるわけですので、本当に何もお手伝いが出来るわけでもなく…。

 

 そんな状況で、事務所に一週間ぶりに訪問してみると…「お…ちょいまずいかも…」などと思わず、焦りを感じる状態でした…。

 もともと、パートナーは、完璧ではないにしても、それなりに綺麗に片付けたりして、整った事務所を維持していたのですが、ついに書類が散乱し始めたのです。もちろん、理由としては、活動の場所が事務所だけでなく、もう一つ拠点を作り始め、そちらに出向いている時間が大半を占めていることもあるため、それもあり、事務所の書類の整理がついて行っていないという所でもあります。

 

 いやぁ…まずい、やばい…しかし、ごまウシは動けることもなく…。汗汗…しかできません。

 こういうときに重要なのは従業員という事になりますが、従業員を雇うこと…これがこれで大変なんですよね…。代表は、「よし、たのむ」と言うだけですが…パートナーはまた大変。しかし、従業員が来なければ、事業は逼迫したまま…。

 

 事業を始めたけど、代表をしている人が、ほとんど現場にいない…そんな事業はあるでしょうか?

 特殊な事業展開をしているような気がしてならない、少し不安なごまウシなのでした…。

 

 本日はぼやきですね…。