ごまウシの頭の体操

認知症、緩和ケアなどが私の仕事の専らですが、これらに限らず、私が得た知見を広く情報発信したいと思います。

ホテルの部屋の明かり

 私もよく利用したことのあるホテルですが、最近宿泊する機会がなく、遠巻きに眺めるだけではありましたが、年末頃は、明かりのついたお部屋がほとんどないという状況が続いていましたが、最近は、徐々にお部屋の明かりが増えてきており、本日ちらっと見ると、大半のお部屋が明かりがついている状況にまで増えてきておりました。

 

 オミクロン株が流行する中で繁盛するホテルに矛盾を感じたかもしれませんが、その矛盾は確かに際立ったものです。それもそのはず、このホテルは、コロナ感染者の宿泊施設として全棟借り上げされているのです。

 12月に入ってからは、お部屋の明かりが完全に消えて、休業中のホテルのような状態となっていました。コロナ感染者収容を契約中は、一般客の予約も受け入れていないため、年末は、発症者がほぼゼロとなっていることもあり、宿泊者がゼロとなり、廃墟ホテル状態になっていました。

 

 しかし、1月に入り、どうでしょう10日を超えたあたりから、ちらほら電気がともり始め、今では、ほとんどの部屋に電気がついている状況でした。

 

 オミクロンはすぐそばにやってきました。無症状から38度以上の発熱が伴う方まで様々。軽症化したという話題はありますが、油断は出来ません。それなりに症状は認めているため、気楽に構えず、しっかりとマスクガードとともに手指消毒あるいは手指洗浄を。