ごまウシの頭の体操

認知症、緩和ケアなどが私の仕事の専らですが、これらに限らず、私が得た知見を広く情報発信したいと思います。

季節の変化…セミより…

 またしても、セミが登場します…。

 

 南宮大社を中心に2週間、垂井町を放浪したときは、朝はクマゼミ、日が高くなるとアブラゼミ…このときは暑くて暑くて…今年は、天気が優れなかったけど、例年のような灼熱はなかったけど,やっぱり暑かったので、灼熱の夏にクマゼミ…という感じでした。

 

 しかし、先週の岐阜市内循環をしたところでは、クマゼミの姿はなく…山の中はミンミンゼミとツクツクボウシ、そして街中はアブラゼミツクツクボウシを聞くようになると秋が近づいた感じになるんですよね。

 

 そして、今週は、朝はセミの声なし…ついに秋に入ったか…と思ったところでツクツクボウシが鳴き始め…しかし、アブラゼミ…姿は見ましたが、鳴かず、ミンミンゼミも聞こえず…

 

 少しずつ、少しずつ、秋は深まってきていますね。

 残暑の暑さも時々あるけど、朝の空気は秋の空気。

 そして夜の虫も賑やかに。

 

 朝の日の出もだいぶ遅くなりました。

 

みなさん…秋の夜長、どのように楽しみましょう?

 

 読書ですか?それとも、スポーツジムで夜のひとときを過ごす?

 それとも今時の、Youtube

 

コロナ感染症、これからはインフルエンザ、総裁選挙…などなど

 世の中は騒がしいけども

 秋は確実に日本の空気を入れ換えています。

 日々の殺伐とした気持ちは、時々しずかに、夜空を眺めながら、大きく深呼吸するとほぐれますよ。人が近くにいない広い公園ならば、街灯のそばで、一気に大きく息を吸いましょう。もちろん、密でもない場所だから、マスクを外してすっきりと。

 

 切り替えは大切です。