ごまウシの頭の体操

認知症、緩和ケアなどが私の仕事の専らですが、これらに限らず、私が得た知見を広く情報発信したいと思います。

定期券圏外神々のお宅訪問。Vol.10

 さて、引き続き、名鉄名古屋本線沿線を歩いているわけですが、前回の新清洲駅を下りて、日吉神社をお参りした後、そのまま、歩いて次の神社に向けて出発しました。次の場所は、最寄り駅としては、名古屋本線須ヶ口駅ですが、少し名古屋本線をそれて、名鉄津島線にむけて歩いて行きました。

 神社巡りにおいて、重要なガイドになっているのがスマホにインストールしてあるGoogle Mapではありますが、今まで確実に道に迷うことなく、行けていたのが今回なぜか、ルート案内が乱れ、全く目的の神社に到着することができませんでした。五条川という川沿いにあるため、Map上はとてもわかりやすい場所にあるにもかかわらず、なぜか道案内が混乱していました。約1時間ほどの時間をロスし、炎天下で疲労困憊状態で到着したのが管津神社です。

f:id:Alois-Alzheimer:20210724225919j:plain

香の神社

この神社は、本殿は特に特色はないのですが、本殿以外にマニアックな神社が並んでいました。その一つがこのほこらです。医師のモニュメントは、まさに漬物です。香の神社とありました。お漬物は、年を追うごとに求めるようになりましたが、発展系として発酵食品全般の守り神だという事でした。発酵食品は、健康食品でもあり、日々の食卓にはとても重要なアイテムと言えます。これからも大切のいただいていこうと思いました。

 さて、私がこの神社になかなかたどり着けなかった理由としては、ここにあるのではないかと思いました。

f:id:Alois-Alzheimer:20210724230331j:plain

私には金運ゼロという事でしょう。なんとか無理矢理にたどり着いたわけですが、おそらく、神様は、「シャーないなぁ…」って笑っているのではないかと…周りではクマゼミがシャーシャーと激しく鳴いていましたので、神様に妥協していただいた結果だと思いますが、金運につながっているかどうかと言えばまた別でしょう。たどり着けたことに感謝です。

 そして、本来はさらに…と思っていたのですが、次の神社で力尽きました。名鉄津島線甚目寺駅が最寄りの漆部神社でした。駅名が甚目寺になっているのもありますが、現在はあま市にはなっているものの、それ以前は甚目寺町と言われるほどで、甚目寺がどんと構えている横にこそっといらっしゃる神社でした。

f:id:Alois-Alzheimer:20210724230931j:plain

漆部神社

 この神社は塗物の神社と言われているところで、先ほどの香の神社と並び、特殊な神社と言えます。私は、それよりも、この神社の本殿…

f:id:Alois-Alzheimer:20210724231150j:plain

本殿

どうですか?私は住みたいと思うくらい、涼しそうに見えました。石畳とフローリングと段差がある本殿は珍しいかな…って思いました。

f:id:Alois-Alzheimer:20210724231342j:plain

御朱印

そして、無事に御朱印いただきました。

本日はこれで力尽きましたので、最寄りの甚目寺駅からちょっと遅めのお昼ご飯のために名古屋駅を道草して帰りました。

f:id:Alois-Alzheimer:20210724231506p:plain

歩行距離

結果はこんな感じです。あれ…マップで見る限り、こんな距離じゃないと勘のいい方は気づくかもしれませんが、そうです。最近は、移動する前に身近な神社をぐるっと巡ってから出発をしているので、トータルの移動距離は結構なものになる傾向があります。16.3kmほどの距離を最近当たり前のように歩けている自分自身に驚いてしまうのでした。